いっしょに育つ大人と子ども

トップページ > 絵本の紹介 > こんなことがあっタワー

絵本の紹介 詳細

こんなことがあっタワー

作者 丸山 誠司
出版 えほんの杜
価格 952円+税

東京タワーができたのは1958年。タワーの完成を喜んでくれた人たちも、ともに歳月を重ね50年目のお祝い。ところがタワーがいきなりジャンプ。「もうずっといっしょであきタワー」。三つに分かれたり輪になったり、順番を入れ替えたりした挙句、「ケンカがはじまっタワ―」。これを心配してあちこちからタワーが駆けつけました。「ひこうきにのってきタワー」単純なだじゃれを単純におもしろがっていたおとなたちが、ここで一転、身を乗りだしタワー。「これって、エッフェル塔?」「京都タワーが連れてきたんは五重の塔?」「通天閣、かっこええ帽子かぶってるやん」[そしたらこれはどこのタワー?」わいわい騒ぐおとなの姿をみて、子どもたちがおもしろがってタワー。(いろいろvol.56号に掲載)

ページの先頭へ
大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館
〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4番20号  TEL:06-6354-0106
開館時間  平日 10:00~21:00/土・日・祝日 10:00~17:00
休館日  年末年始
Copyright(C) 大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館 All Rights Reserved.