いっしょに育つ大人と子ども

トップページ > 調理実習講座のレシピ公開 > からだにやさしい食べ物講座/離乳食をつくろう!!~大人の献立からの取り分け~

調理実習講座のレシピ公開 詳細

からだにやさしい食べ物講座/離乳食をつくろう!!~大人の献立からの取り分け~

   ☆☆☆離乳食5つのお約束☆☆☆

☆離乳食は、食事に慣れるための練習です!!!

☆大切なことは無理をしないこと!☆約1年余り(5~18か月)という期限があることです!

☆☆☆離乳食は、5つのお約束を心がけて、楽しく取り組みましょう☆☆☆

(1)-1その子なりのペースで:赤ちゃんの発達には個人差があるので、離乳食の目安量にとらわれる必要はありません!その子なりのペースで進めましょう!

(1)-2ほかの子と比べない:赤ちゃんの発育・発達は個人差が多く、食への興味も異なるので、ほかの子と比べることはやめましょう。! ★心配な時は母子手帳に記載されている乳幼児身体発育曲線(成長曲線)で確認しましょう。!

(2)ママがイライラしない :本来、食事は楽しむものママがイライラしていると赤ちゃんに伝わり、食事の雰囲気が損なわれます。おおらかに取り組みましょうネ。!

(3)栄養バランスは2~3日単位で:主食(ご飯等の炭水化物・糖質)主菜(魚・卵・豆腐・肉等のたんぱく質)副菜(野菜や海藻類等のビタミン・ミネラルと果物や乳製品を揃えた栄養バランス(食事バランスガイド)を考えることは大切ですが、毎食・毎日気にしていると疲れてしまうので、2~3日単位で考えるようにしましょうネ!

(4)赤ちゃんの様子を観察:「おいしいね~!」と声をかけながら、赤ちゃんが食べている様子を確認。特に、初めての食べ物を与えた時は、体調の変化(ご機嫌?うんちやおしっこの回数?色など?)にも気を配って下さいね!

(5)食べる楽しさを教える:食事や食べ物に対する興味・関心は、離乳食からスタートします。楽しい雰囲気の中でいろいろな味を体験させて、赤ちゃんに機嫌よく食べる楽しさと食べる力を育みましょう。

   ☆☆☆離乳食豆知識☆☆☆

☆赤ちゃんの成長・発達の様子をよく見ながら離乳食を進め、親子の関係をより豊かなものにしていきましょう!

☆自分で食べる楽しみと、食べ物の触感・ひと口の量を赤ちゃんが自分で体験できるように、12ヵ月を過ぎると手づかみ食べを十分にさせてあげましょう!!!(食卓の周りを汚してもすぐに掃除できるようにしてから!)

★調理に手間をかけられない★ママが体調を崩した★外出時等には、ベビーフードも上手に活用しましょう!

(注)ベビーフードをあげるときは、必ずママが味見をして、必要な分だけ小鉢などに入れてから、味見したのとは別のスプーンであげましょう!(赤ちゃんの虫歯予防のために・・・)残ったベビーフードは清潔に取り扱い冷蔵庫などに保管して、その日のうちに消費しましょう!

☆一度にたくさん食べれない赤ちゃんにとって、間食(おやつは)食事のひっとつです!

☆乳幼児期の間食は、食事でとりきれないエネルギーや栄養素、そして水分などを補う良い機会です☆

☆3回の食事を規則的にして、間食を与えるならば時間と量を決めましょう!

☆おやつの後も、水や麦茶等をあげてお口の中に食べ物が残らないように口腔ケアーをしましょうネ!!!

 !!離乳食ちょと悩んでしまう?こんな食品!!

食品名

5.6

ヶ月頃

7.8

ヶ月頃

9~11

ヶ月

12~18

ヶ月

コメント(基本的に加熱してからあげましょう!!)
おもち × × × × のどに詰まらせる心配があるので3歳位までは与えない
長いも × × 生のままでは、口の回りがかゆくなるのであたえない。加熱すればよい。
こんにゃく × × × 消化が悪いから12~18ヶ月から
インスタント麺 × × × ×
避けたい食品の一つ
フライ・天ぷら × × 下痢をしやすいので量に注意して9~11ヶ月から
厚揚げ・油揚げ × × 湯通しして使用。まわりの揚げ部分を取り除きましょう。
ハム・ソーセージ × × × 与えるなら12~18ヶ月から無添加のものを。ゆでると塩分脂肪分が減る
ベーコン × × × × 塩分・脂肪分が多いので避けたい食品
背の青い魚 × × アレルギーを起こしやすい!サバ・サンマ等は新鮮な物をよく加熱して与える。
刺身 × × × × 雑菌の心配があるので、2~3歳までは加熱して与える
イカ・たこ × × × × 消化が悪いので赤ちゃんには不向き
エビ・カニ × × アレルギーを起こしやすい食品!与えるときは充分に加熱して与える
たらこ・イクラ等 × × × × 塩分・食品添加物が多く、消化も悪いので与えない
かき・あさり等 × × × 12~18ヶ月からよく加熱して与える
ちくわ・かまぼこ等 × × × 塩分や添加物が多いので12~18ヶ月から
レンコン・ごぼう等 × × × 細かく刻んで加熱してから12~18ヶ月から
キノコ類 × ×
消化しにくいので、細かく刻んで9~11ヶ月から
しょうが・ニンニク × × 刺激が強いので与えたくない食品。におい消しとしてなら9~11ヶ月から
ケチャップ × × 少量なら9~11ヶ月から
マヨネーズ × × 少量なら9~11ヶ月から
みりん・酒 × × × アルコールを含むので、使用するときはアルコールを飛ばして少量を!
だしの素・固形スープ × × × × 与えたくない食品。手作りがベスト!
香辛料 × × ×
× 与えたくない食品。カレーは9~11ヶ月から風味付に!
ピーナッツ等 × × × × 3歳までは食べさせない!気管に入って詰まる危険!アレルギーにも注意!
ゼラチン × × アレルギーを起こしやすい!
こんにゃくゼリー × × × × 窒息の危険!!幼児・高齢者にはたべさせないように!!!
はちみつ × × × 1歳までは与えない!幼児ポツリヌス症の感染源になることがある!!
寒天 × × × 消化しにくい食品!
生クリーム × × × × 乳脂肪が多いので、消化しにくい食品。赤ちゃんには不向き!
アイスクーリム × × × × 乳脂肪が多いので、消化しにくい食品。赤ちゃんには不向き!

※水について!

 育児用ミルクの調乳に使用したり、1歳未満の乳児に引用として与える場合は、軟水(カルシウム等のミネラル分含有量の少ない水)を必ず一度煮沸してからしようしましょう!!!

 

☆☆☆離乳食をつくろう~大人の献立からの取り分け☆☆☆

☆7・8か月以降になると〈取り分け離乳食が〉出来ます。

(注)食材は大人4人分+赤ちゃん4人分=大人6人分です。(栄養価は、大人1人分おおよそです!!)

(注)☆取り分け離乳食のポイント

  1. 食材は、赤ちゃんの発達(月齢ではなく、咀嚼機能等の口腔機能)に合わせて選びましょう!簡単に離乳食に応用できる調理法にしましょう!
  2. 大人の味を付ける前に取り分けましょう!
  3. 大人1/3位の味つけにしましょう(これを機会に大人も薄味になれるようにしませんか!)
  4. 取り分けた後、刻む・つぶす・とろみをつける・汁気を多くする等赤ちゃんが食べやすい調理にしましょう。



開催日 2014年7月4日(金)
時間 10:30~12:30
講師 管理栄養士 反保多美子さん
参加者 24人

トマト粥

(熱量:70kcal、たんぱく質:2g、脂質:0.3g、塩分:0.4g

【材料】大人6人分(大人4人分+赤ちゃん4人分)

  • 米           170g
  • 水         1,000g
  • トマトピューレ      60g
  • 青のり           1g

(作り方)

  1. 米を洗い、鍋に入れ分量の水とトマトピューレを入れ、中火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、15~20分炊く。火を止め、ふたをして約10分間蒸らす。
  2. 器に盛って、青のりを振りかける。

離乳食へは

  • 6か月頃⇒炊きあがったお粥10gをすり鉢に入れ、滑らかになるまですりつぶし、熱湯20gを入れさらにすりつぶし、耐熱容器に入れて、ラップをかけないで、700Wの電子レンジで30秒加熱する。
  • 7~9か月頃⇒炊きあがったお粥20~30gをすり鉢に入れ、少しすりつぶし、熱湯20g位を入れさらに混ぜ合わせて、耐熱容器に入れて、ラップをかけないで、700Wの電子レンジで1分位加熱する。
  • 10か月以降はそのままでよい!
トマト粥

蒸し鶏 ブロッコリー添え

(熱量:105kcal、たんぱく質:16.9g、脂質:1.3g、塩分:1.1g)(注)ジュレは入っていません!

【材料】大人6人分(大人4人分+赤ちゃん4人分)

  • 若鶏胸肉皮なし  420g
  • 清酒        20g
  • 水         30g
  • 食塩         6g
  • 砂糖         3g
  • ブロッコリー   180g

ジュレ:         

  • ゼラチン       4g
  • 濃い口しょうゆ   36g
  • 米酢        50g
  • 水         50g
  • レモン汁      10g 

【作り方】

  1. 若鶏胸肉は、開いて平らにし、両面全体をフォークで刺す。
  2. 鍋に敷き詰め、塩・砂糖を入れてもみ込み、平らにする。
  3. (2)に清酒と水を加え、ふたをし、中火にかけ、湯気が強くたったら火を止める。(肉の厚さにより加熱が、不十分なら水を加えてもう一度加熱する。)
  4. 鶏胸肉を裏返し、再びふたをして5分ほど蒸らす。
  5. ブロッコリーは、食べやすい大きさに切り、茹でておく。
  6. (4)を食べやすい大きさに切り(5)と共にお皿に盛り大人は下記のジュレを添える。

ジュレ:(残った場合は、瓶等に入れ2~3日中にサラダのドレッシングとして使用しましょう!)

  • 鍋の中に、レモン汁以外の材料を入れ、良くかき混ぜながら弱火にかけてゼラチンが溶けたら火からおろして、レモン汁を加えて混ぜ合わせ冷し固め、スプーンなどですくって(5)に添える。

離乳食へは:

  • 8~10か月⇒胸肉とブロッコリーは、包丁で細かく刻み、熱湯少しと耐熱容器に入れ、700wの電子レンジでふんわりラップをかけて1分程加熱する。
  • 11か月以降⇒胸肉・ブロッコリーとも手で持てる大きさ(小指の大きさ位)に切る。

 

 

だいこんナムル/パインヨーグルト羹

☆だいこんナムル

(熱量:67kcal、タンパク質:1.3g、脂質:2.8g、塩分:1g)

【材料】大人6人分(大人4人分+赤ちゃん4人分)

  • だいこん    300g
  • にんじん     60g
  • 食塩        6g
  • 米酢       30g
  • 砂糖       18g
  • すりごま     30g

【作り方】

  1. だいこんとにんじんは、皮をむき小指の長さ位の細い千切りにする。
  2. (1)をポリ袋に入れ食塩を入れて良くもみ合わせ、砂糖、米酢を入れて、さらにもみ込み、すりごまを入れて混ぜ合わせる。

離乳食へは:

  • 5~6か月⇒だいこんとにんじんは、すりおろし耐熱容器に入れ、お湯少しを入れ、ラップをかけないで700wの電子レンジで1分程加熱する。(味付けはしません!)
  • 8~11か月⇒千切りだいこんとにんじんを、耐熱容器に入れて、お湯を少し入れ、ラップをかけないで700wの電子レンジで1分加熱する。(味付けはしません!)
  • 12か月以降は大人と同じでよい!

☆パインヨーグルト羹

(熱量:110kcal、タンパク質:3.9g、脂質:3.1g、塩分:0.1g)

【材料】大人6人分(大人4人分+赤ちゃん4人分)

  • パインアップル(缶)   300g
  • 粉寒天            5g
  • 水            150g
  • プレーンヨーグルト    600g
  • 砂糖            36g

【作り方】

  1. パイン缶は、食べやすい大きさに切る。
  2. 粉寒天は・水にふやかしてから砂糖と共に中火にかけ、沸騰させる。
  3. (2)の粗熱が取れたら、プレーンヨーグルトを入れて混ぜ合わせる。
  4. バットにラップフィルムを敷き、(3)を流し入れ、(1)を入れて、冷やし固める。
  5. 食べやすい大きさに切りお皿に盛る。

(注)缶詰の汁を水の代わりに使う時は、砂糖の量を加減してください¡もちろん生のパインアップルを使用するときもおなじです!!

離乳食へは::

  • 5~11か月頃⇒ヨーグルトのみを上げてください
  • 12か月以降は大人とおなじでよいです!
だいこんナムル
パインヨーグルト羹

☆☆☆夏を乗り切る離乳食の考え方☆☆☆

1、授乳中のお母さんも、しっかり水分補給をしましょう!

  夏を健康に過ごすためには、大人も子どももまずは水分と電解質の補給が大切です。完全母乳の場合、つい忙しいのと食欲低下とで授乳中なのについつい水分や栄養の補給を怠りがちになると母乳も減ってしまいます。知らないうちに母も子も脱水状態になりかねません。(注)コマメに水分補給をしましょう!(夏の間、食欲のない時の味付けは、いつもより少し濃いめに!)

2、食欲低下は、大人も赤ちゃんも同じ!

  離乳食を少し冷たくしたり、水分を多くして食べやすくしましょう。

3、衛生面・食中毒に注意し、食べやすい離乳食にしましょう!

  調理前には必ず手洗いをして、食材、調理器具や食器、布巾・台布巾等は、清潔に保ちましょう!

おかゆの保存法??

  1. 祖熱をとって、製氷皿に入れ、キューブ状にして冷凍する。
  2. 固まったら製氷皿から出して、ジッパー付きのビニール袋などにまとめて入れ冷凍保存しておく。
  3. 使う分だけ耐熱容器に入れ電子レンジで加熱し、冷ましてから与えましょう。

夏野菜を積極的に使いましょう!

  1. 7,8か月頃なら:トマトの皮をむいてつぶし、耐熱容器に入れ電子レンジで加熱し冷ます。

  2. 7,8か月頃なら:キュウリの皮をむいてすりつぶし、耐熱容器に入れ電子レンジで加熱し冷ます。

  3. 8,9か月頃なら:ナスビの皮をむいて茹でたり蒸したりしたものを冷たくして、少量のしょうゆや味噌で薄味を付ける。

意識して空腹を作りましょう!

  1. 生活リズムを整えましょう!

  2. 積極的に散歩や遊びの時間を取り入れましょう。

  3. 外出先(お散歩等も)での食事(おやつや水分補給)も楽しみましょう!

食べる意欲を育てましょう!

  1. 水分補給は水(湯冷まし)か麦茶やお茶で!甘い飲み物は次の食事に影響しますので避けましょうね!

  2. 食事は室内温度を下げて快適にしましょう!

  3. 出来るだけ、家族(大人)と一緒に楽しく食卓を囲みましょう!

  4. 手づかみ食べにもチャレンジしましょうね!

ページの先頭へ
大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館
〒530-0041 大阪市北区天神橋6丁目4番20号  TEL:06-6354-0106
開館時間  平日 10:00~21:00/土・日・祝日 10:00~17:00
休館日  年末年始
Copyright(C) 大阪市立男女共同参画センター子育て活動支援館 All Rights Reserved.